公務員試験対策室トップ > 2次試験対策の開始時期

2次試験対策の開始時期について

 公務員試験において、面接などの2次試験対策はいつから始めるべきなのか。これは一見単純な問いかけのようでいて、実は結構重い問いかけです。長文になるので、覚悟してくださいね。

 予備校等は「1次が終わってから2次対策では遅い」などと強めに謳っておりますが、当サイトの意見としては、それは「半分正解で半分間違い」だと思います。

 というのは、「試験に合格するため」の対策という意味では、択一が終わってからでも間に合うからです。

 択一が終わってから、急いで志望官庁について研究し、志望動機を練り、自己分析を行い、面接カードの記入項目について考えて、面接マナーについて確認する。予備校の2次対策講座に参加したり、面接対策に係る書籍を読みあさったり、インターネットでいろいろ調べることで、2次試験を通過するための知識を十分身に付けることができるでしょう。

 そして面接対策により作り上げた「面接官が好む人物像」を本番で遺憾なく発揮することにより、公務員試験に最終合格することは、決して不可能ではありません。

 さて、ここまで読んで、「ん?」と思われた受験生の方は、イイ線いってますね。あなたは2次試験に臨む上でそれほど苦労しないでしょう。一方、「ほうほう、何だよ十分間に合うのかよ。オッケー、取りあえず択一対策だ!2次対策なんて後回しだぜ!」などと息巻いた受験生の方は、ヤバイです。キツイですね。何故だか解りますか?

 「試験に合格する上では、択一が終わってからでも間に合う」という上記事項は、まぎれもない事実です。実際、今でもなお1次試験が終わってから2次試験対策に取り掛かるという公務員受験生が大半で、そういった受験生でも最終合格し、採用されているという事実が確かに存在します。

 しかし、「公務員試験は"就職試験"であり、それはこの先自分の人生を大きく左右する一大イベントである」という大前提を考えた場合、1次試験が終わって初めて「志望官庁について研究しようとしている」、「志望動機を練ろうとしている」ようでは、明らかに「順番が違う」のです。もっと言えば「考えが浅い」のです。志望官庁の研究や志望動機の確立なんてものは、そもそも公務員試験勉強を始める前、すなわち「公務員を目指すと決意した時点」で終わっていて然るべきものなのです。

 当然、どの受験生も、公務員(あるいは具体的な官庁職員)になりたいから公務員試験勉強を始めるわけですよね。そして、1次試験が終わってから急いで2次対策を始めるような受験生であっても、ある程度何かしらの志望動機を持って公務員試験勉強を始める筈です。

 国を動かす仕事がしたいから・・・自分の生まれた土地に恩返しをしたいから・・・社会に貢献したいから・・・志望動機は様々だと思います。もちろん、「公務員は安定しているから」だとか「休みが取りやすそうだから」だとか「社会的ステータスに魅力があるから」などといったちょっとアレな志望動機も、れっきとした志望動機です。誰にでも事情はあるのですから、必ずしも崇高で立派な志望動機である必要はありません。

 しかし、そのような志望動機について、きちんと誰かに納得してもらえるような説明ができないようであれば、あるいは改めて考え直さないと明瞭に他人に主張できないようであれば、それはすべて「曖昧」な志望動機なのです。

 漠然とした志望動機のまま公務員試験勉強を始め、択一筆記をクリアして、さぁ面接対策だ、となって、自己分析や志望官庁の研究、志望動機について初めて真剣に考える。そしてその最中に「あれ、なんだか自分の思っていた仕事じゃないな」だとか、「本当にこの仕事は自分に向いているのかな」などと立ち止まったところで、もう後戻りはできません。何よりその時点ではとにかく最終合格することしか頭に無い受験生がほとんどだと思いますので、少し違和感を感じたところでそれほど気にせずそのまま最後まで突き進むことでしょう。

 結果、見事公務員試験に最終合格し、念願の公務員になったとします。ところが、公務員として実際に働いてみて、「思い描いていた仕事とは違った」「社会に貢献しているという実感が持てない」「忙し過ぎて全然休めない」「思いのほか待遇が良くない」などという様々な現実に直面し、「こんなはずじゃなかった」と後悔したところで、後の祭りです。

 軌道修正するにしても、このご時世ですからそう簡単ではありません。そして、このような悩みを持つ公務員は、実際に数多く存在します。

 心から自分が満足できる仕事に就ける人間なんて、社会で一握りでしょう。しかし、多くの日本人は、社会に出てからは人生の大半を仕事に費やすことになるわけですから、どうせ働くなら、少しでも自分が満足できる部分が多い職業に就きたいと思いませんか。

 少なくとも私は、仕事を通じて得るやりがいや自己実現といった、「金銭的な対価」以外で得るものがなければ、公務員に限らず、仕事を続けてゆくのは困難だと思います。

 だから、将来後悔しないためにも、まず一番最初のスタートとして、公務員試験勉強を始める前に、「自分は本当に公務員になりたいのか」についてとことん考えてみてください。

 そして、「どうして自分は公務員になりたいのか。公務員になりたいのであれば、どのような公務員になって、何がしたいのか。自分はどういった人間で、公務員として何ができるのだろうか。」それから「志望先で、自分のしたいことが実現できるのだろうか。志望する公務員になることで、満足した人生を送ることができるだろうか。幸せな人生を送ることができるだろうか。」といったところを、とことん突き詰めてください。自問自答してください。

 もちろんこの作業を行うためには、徹底的に自己分析する必要があるし、就職希望先を十分に研究しなければなりません。

 そして、鼻血が出るほど頭を使って考えた結果、「やはり自分は公務員になりたい。自分のやりたいことは公務員でないとできない。」と決意が固まってからが、公務員受験勉強の始まりなのです。考え抜いた結果、「自分は公務員にはならない」という結論に至った場合も、それも一つの答えです。

 それだけ考えて公務員になるという結論を下し、結果公務員になったところで、それでもやはり苦悩や挫折を味わうかもしれません。将来を完全に予測することなど絶対不可能ですからね。

 しかし、「当時の自分は就職先を決める時に、あれだけ徹底的に考え抜いた。今自分が置かれている状況は、あの時に精一杯考えて、決断した結果なんだ。」と、将来の自分が後悔できないぐらいに、今できること、自分の将来について真剣に考えるということが、肝要だと思います。

 以上が「面接対策開始時期」についての公務員試験対策室の答えです。「1次が終わってから2次対策では遅いか」という問いに対しては、「"試験合格"という意味では不正解(遅くない)。しかし、"後悔しない就職先決定"という意味では正解(おせー。明らかにおせー)」ということです。

 ここまで読まれて、「固いこと言いやがって。何あんた、どっかの先生?」などとイラッときている受験生の方もいらっしゃるかもしれませんが、上記で述べたことは直接面接対策になるので、1次試験以降の負担が当然小さくなるし、何より公務員受験勉強を始める前に志望動機がしっかり固まっている受験生はものすごく強いです。

 固まった志望動機は「合格したいという強い意志」につながり、それは公務員受験勉強の最強の原動力となります。筆記試験勉強もはかどるし、オリジナリティのある志望動機を武器に、面接でもしっかりとそして自然に相手に熱意を示すことができるでしょう。これは圧倒的な強みです。

 なお、この記事を読んだ時点ですでに公務員試験勉強終盤に来ている人1次試験終わっちゃってる人は、なんというか・・・ドンマイ!今さら悩んでももうおせー仕方が無いので、余計なことは考えず、今はとにかく最終合格に向けて突っ走ってください。少なくとも、公務員試験に最終合格するための「技術面での2次対策」は、択一筆記が終わってからでも可能なので。

スポンサーリンク スポンサーリンク
    
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo