アルバイト補足事項

 さて、たかがアルバイトについて随分熱を入れた記事を展開しておりますが、最後にアルバイトをする上での補足事項です。

 採用試験を考えた場合は、複数のバイトをちょっとずつ経験しているというよりも、一つのバイトを継続的にある程度の期間経験しているという方が、継続力や忍耐力という観点から採用担当者に良い印象を与えることができます。

 そして、長期間同じアルバイトを続けていると、後輩ができるなど、自然とある程度「責任感」を持たざるを得ない立場になります。

 このように、社会人に求められるリーダーシップや継続力、協調性等の重要な要素を、アルバイトによって養うことはできるのです。

 まぁ最初から採用試験のためにアルバイトをやる、なんて気構えでいたらしんどくなるので、「給料がゲットできる」だとか「彼氏・彼女ができるかも」などという純然たる欲望をモチベーションにして、気軽に始めましょう。

 なお、学費のためなど、生活する上でアルバイトによる収入が欠かせない受験生は別として、受験まであと半年程度しかないような受験生は、バイトなんて辞めて真剣に公務員受験勉強に打ち込むように。

 「アルバイトに打ち込み過ぎて知らない間に店長になっちゃった。責任重過ぎてやめれません♪」なんてことになってももちろん当方は責任を負いかねますので、その旨十分ご了承の上、各自ご判断されますようよろしくお願いいたします。

 あと、ここでは課外活動にかかるエピソード作りのあくまで一例としてアルバイトを挙げているだけであって、部活やサークル、ボランティア活動等、その他様々な活動を体験するとより幅広い視野と経験値を得ることができるので、学生のうちは是非とも積極的に活動範囲を広げられますよう、僭越ながらアドバイスさせていただきます。

スポンサーリンク スポンサーリンク
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo