掲示板に戻る  返信する  全部読む 
大学レポート
[1] 名前:会計学  日時:2011/08/08-02:06:32  ID:kw3TOZDh
公務員試験とは全く異なりますが・・・

現在、体育の教職免許を取得するべく、大学に通っています。
しかし、学部の関係で、会計学が必修になっています。
教科書に沿って講義が進められているわけではないので、
授業でほんの少しの知識はありますが、
会計学の右も左もわかりません。

大学のレポートでこのような問題が出題された場合、
どういった解答をすればよいでしょうか?
お忙しいとは思いますが、お返事をいただけると幸いです。


以下の各設問に500字程度で解答しなさい。

*1
貸借対照表では、期首および期末の資本の残高の変化が観察され、
損益計算書では、資本の使用に基づく費用と資本の回収に基づく収益の比較から利潤が導出される。
このメカニズムに沿って、貸借対照表と損益計算書の相互関係について論じなさい。

*2
発生主義という用語について論じなさい。
その際に、費用配分という観点から、減価償却費および、売上原価を事例に取り考察しなさい。

[2] 名前:来室者@公務員試験対策室  日時:2011/08/13-18:54:51  ID:5bUeO4El
*1は基本的な動態論・静態論を勉強すればいけると思いますよ。
スー過去の会計学を買って、記述の部分を読めば大体のことは書けるはず。

解答のイメージとしては
@PL:単年度の経営成績。企業が一会計年度でどれだけ価値・利潤を増やしたか?というフローの情報が記述されている。
ABS:経営をしてきた結果、ある時点での企業の財政状態を表す。前年度を繰り越しとして、PLの情報を加えて、今どれだけの内部留保があるのか?を示したものがBS。
B関連:前年度のBS→当年度のPLの純利益を加えて→今年度のBS純資産。という流れで、複数年度のPL利益を積み重ねてある時点の純資産がいくらあるかを示したものがBS。


*2 費用利益をどう認識するのか?という問題で、現金主義・発生主義・実現主義・実現主義の三つの違いを考慮することがまず重要。

費用収益対応の法則という観点から、
・減価償却費→キャッシュアウトに対する単純な期間配分
・売上原価→棚卸資産の増減を加味した製造原価から売上原価への変換。キャッシュアウトに対する棚卸資産の費消を介した期間配分。
という二つについて論じればいいかと。


細かい構成とかはスー過去見て自分で組み立ててくださいね。


掲示板に戻る  板トップ  全部読む 
名前:   E-mail: sage
投稿キー: (投稿時 投稿キー を入力してください)

  クッキー保存
- MT-BAORD v2 -