地方上級−行政区分科目別出題数

 地方公務員上級の試験方式は各自治体によって異なりますが、行政区分の出題タイプは、出題科目、出題数、選択解答性の有無等により、下記7種類に分けることができます。

@全国型

 多くの自治体がこの形式を採用しており、他の試験形式のベースとなっています。全問必須解答が原則ですが、選択解答制を採用している自治体もあります。

A関東型

 関東地方各県の多くが採用している試験形式。教養試験、専門試験とも選択解答制を導入しています。

B中部・北陸型

 中部・北陸地方各県の多くが採用している試験形式。教養試験は全問必須、専門試験は選択解答制です。

C全国型変形型

 全国型の変形型。各自治体が独自に科目や問題を加えたり省いたりして、出題数を増減させています。

D関東型変形型

 関東型の変形型。自治体独自の科目や問題などを加え、出題数が多くなっています。選択解答制を実施しています。

E法律・経済専門

 行政区分における専門選択分野等で、「法律」「経済」の区分がある自治体で実施しています。

F独自型

 自治体独自の出題形式で、北海道(教養、専門試験とも)、東京都(教養、専門試験とも)、神奈川県(専門試験)、大阪府(教養試験と専門試験の区別なく出題される)、札幌市(専門試験)、特別区(教養試験、専門試験とも)、横浜市(教養試験)が該当します。ただ、東京都と特別区以外の自治体では全国型と共通の問題が多く出題されています。

 平成21年度から、北海道や東京都のように専門試験の択一式を廃止する自治体が出てきており、今後はより柔軟な試験方式を採用する自治体が増えてくる可能性があります。いずれにせよ、間違いのないように受験する自治体の最新の採用情報を直接確認して、それぞれに応じた適切な受験対策を講じるようにしましょう。

 以下に多くの自治体が採用する3種類の試験型の科目別出題数(平成22年度)を記しますので、参考にしてください。

 
【教養試験】
分野 科目 全国型 関東型 中部・
北陸型
一般知識 社会科学 政治・経済
社会・社会事情
人文科学 思想
日本史
世界史
地理
文学・芸術
国語
自然科学 数学
物理
化学
生物
地学
一般知能
(必須)
文章理解 現代文
古文
英文
数的処理 判断推理 10
数的推理
資料解釈
合計出題数 50 50 50
解答数 50 40 50

 
【専門試験】
分野 科目 全国型 関東型 中部・
北陸型
行政系 政治学
行政学
社会政策
社会学
国際関係
法律系 憲法
行政法
民法
刑法
労働法
経済系 経済原論 12
財政学
経済史
経済政策
経営学
経済事情
会計学
合計出題数 40 50 50
解答数 40 40 40

スポンサーリンク スポンサーリンク
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo