公務員試験対策室トップ > クールビズでの面接受験

クールビズでの面接受験

 面接に臨む際に気をつけるべき項目として「服装」がありますが、公務員試験の面接にクールビズ・スタイルで臨むことの是非については、毎年受験生の間でちょっとした悩み事になるようなので、念のため触れておきましょう。

 今さら説明するまでもないですが、クール・ビズ(COOL BIZ)とは、小泉政権下の2005年に、環境対策などを目的として環境省が中心となって始められたビジネス用衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその方向にそった軽装を指します。

 要するに、執務中にガンガン冷房を効かすのは地球温暖化という観点からもエネルギーの無駄遣いという観点からも環境に良くないので、夏季のク○暑い時期(おおむね6月1日から9月30日まで)には、室温をセ氏28度以上に設定して、その代わりその設定温度に対応できるような軽装(クールビズ)の服装を着用しましょう、という趣旨で始まったキャンペーンです。

 このキャンペーンを機に官公庁の職員達は軒並みクールビズを励行し始めた訳ですが、ほとんどの公務員試験の2次が夏真っ盛りのいわゆるそのクールビズシーズン中に実施されるので、「じゃあ受験生もクールビズでいくか?いやいや、そんなのあくまで採用者側である官公庁の中の話だから、受験生は黙って今まで通りのスーツ姿で受験したらいいんじゃね?」といった感じに、生真面目な受験生にとってのちょっとした悩み事になってしまった訳です。

 正直、採用する側の気持ちになって冷静に考えれば何ともないような問題なのですが、最終合格への道の最終関門である人物試験を前に受験生は必死です。僅かなマイナス要素も排除したいという心理状態になるのは、十分理解できます。

 で、結論から言えば、「どっちでもいいんじゃね?」といったところです。受験にスーツで臨もうがクールビズで臨もうが、面接官が受験生を是非欲しい人材だと思えば合格するし、採用したくないと思えば落ちます。

 何を根拠にそんなことを言うんだとイラついた方もいらっしゃると存じますが、まずは2005年度に公務員試験を受験したファーバー主事の実体験を参考にみていただいた上で、結論を詳しく説明いたしましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク

クールビズでの面接受験

    
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo