集団討論(概要)

 集団討論(グループディスカッション)とは、複数の受験生を1つの部屋に集め、1つのテーマを与えて受験生同士で討論させ、その様子を試験官が見ながら評価するという形式で行われる人物試験です。

 具体的には、受験者5〜10人程度で1つのグループを作り討論をし、その近くで3〜5人程度の試験官が討論の様子を評定シート等を用いてチェックします。

 与えられるテーマは事前に提示される場合と討論の直前に知らされる場合がありますが、直前に知らされる場合は、10分間程度自分の考えをまとめる時間を与えられるのが一般的です。

 時間は、自治体や省庁によって45分〜90分程度と幅がありますが、概ね60分くらいのようです。

 集団討論は民間の採用試験においても比較的最近登場した人物評価手法ですが、近年はほとんどの自治体が地方上級の2次試験でこの集団討論を取り入れており、また国家公務員採用試験における官庁訪問でも実施するところが増えています。

 ある目的に向けて組織やグループで議論を進める過程において、受験者がどのような役割を果たすかを評価するもので、従来の筆記試験、個人面接、集団面接では見ることのできない受験者の一面(協調性やリーダシップ、バランス感覚など)を、この集団討論で把握する事を目的としているのです。

 官庁によって若干の違いはありますが、集団討論のおおまかな流れとしては、

@ 係員より控室から指定の部屋に誘導され、あらかじめ番号やアルファベットがふられた所定の席に着席する

A 試験官から説明とともにテーマが書かれた用紙が配布され(試験事前にテーマが与えられる自治体もある)、10〜15分程度の時間が与えられるので、テーマに対して自分の意見をまとめる(テーマの書かれた紙の余白に意見を箇条書きしたり結論を簡潔に書く)

B 各自順番に1分〜2分程度でテーマについての意見を発表させられる(テーマに対する意見を考えさせ終えたらいきなり自由に討論を開始させられる場合がある。)

C 討論の進め方について試験官から説明され、制限時間を決められ、集団討論開始(集団討論の進め方や役割分担の決定などは基本的に全て受験生に任される。)

D 時間が来たらグループでまとめた結論を発表

 といったところです。

 集団討論の概要としてはこんなところなので、以下に集団討論の評価ポイントや対策について見ていきましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク

集団討論

    
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo