行政法

◆科目概要

 行政法は地方公務員上級試験における法律系科目の中で最も配点が高い科目であり、国家公務員一般職試験においても憲法と同じく受験生は必ず勉強してくる重要科目です。

 分量は憲法よりも多く民法よりも少ないといったところですが、行政法は行政手続法やら行政事件訴訟法やら情報公開法やらの様々な法律を寄せ集めたやや複雑な科目なので、憲法や民法に比べ体系的に捕らえ難く、なんだか勉強しにくく感じることでしょう。

 しかし、行政法も結局は過去問集を潰し込めば勝手に力はついてきます。学習法については下で詳しく述べますが、この科目も条文を読むだけではなかなか頭に入って来ませんので、問題を解きながら行政法に関する各種用語の定義や条文の理解を深めることが、効率的な学習法だと言えます。また、行政法は憲法と同じく判例がものすごく重要です。判例に関する問題が試験でやたらと出るというのもありますが、判例という具体的な事例を意識しながら学習を進めることで、行政法というものをスムーズに理解できるからです。

 なお余談ですが、「行政法」という名前の法律は存在しません。理系出身で初学者の方等でまだ法律という法律を勉強したことのない人は、「?」かもしれませんが、端的に言えば、行政法とは「行政に関する法律の総称」といったところでしょうか。行政法は、民法や刑法のような同系列の法規を組織的に組み立てた成文法規集ではなく、行政の組織や作用に関する無数の法律(地方自治法、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法等々多数)及び判例等から成り立っています。

 実体験ですが、国家U種(現国家一般職)試験の官庁訪問の際に、とある官庁の面接官から「“六法”を全部言ってみてくれる?」という、法律というものをある程度知っている人間からすればカスみたいな問いかけに対し、私は「憲法、民法、行政法、刑法、商法、労働法ですかね(ニヤリ)」などと、自信満々に答えたという苦すぎる経験がありますので、行政法という法律が無いと言う事実を知った時はマジでショックでしたね。理系出身者における独学の弊害みたいなものでしょうか。

 なお、上記エピソードで「どこが間違えているのかイマイチよくわからない」などという受験生は、Wikipediaかなんかで急いで「六法」を確認すること。


◆お勧め参考書

○新谷一郎の行政法まるごと講義生中継(TAC出版/344ページ)


 本書はTACの現役講師の講義をそのままテキストにした講義調参考書の人気シリーズ、「まるごと講義生中継」シリーズの行政法編です(以下「まる生」)。問題は載っていません。

 同シリーズの民法に比べれば出来がイマイチとされていた「まる生行政法」ですが、2014年に全面改訂され、TACの看板講師が編著に携わることで、内容がより読みやすく解りやすくなりました。(その分ややページ数は増えましたが。)

 具体例を交えて専門用語の定義やイメージを優しく説明してくれるので、「行政法とは何なのか」を知るうえでは非常に有用な理解本となっています。

 ページ数も多すぎず、初学者の導入本としては本書が一番オススメです。体系的に学びにくい行政法は、憲法とは違っていきなり過去問集はキツイ。最初に本書で行政法の何たるかをひととおり頭に入れておくことで、過去問演習がスムーズになります。

 独学+初学であれば、本書は必携。本書が改訂された今、他に特筆すべき競合参考書は特にありません。


◆学習指針

 すでにしつこく述べたとおり、初学者にとって行政法は"いきなり過去問集から"という勉強法が通用しにくい科目です。紹介した導入本を数日間で一気読みして、「行政法ってこんな感じなんだ」というのがぼんやりでもいいからわかれば、スタートとしてはおおむねOKでしょう。

 では、行政法の過去問集はどれを使えばいいかというと、行政法に限っては、1冊目に使う問題集としてスー過去をお勧めするわけにはいきません。「スー過去」行政法に掲載されている過去問は、厳選されており良問が揃っていますが、同シリーズの他の科目に比べると、解説がやや淡白です。行政法という科目について知識が薄い段階で「スー過去」を使うと、行政法が大嫌いになります。

 したがって、行政法で使用する本および学習法については、受験生の性質や状況によって、下記@〜Bの3パターンを提案します。

@「完全に初学者」かつ「時間に比較的余裕がある」人
 →「まる生」→「過去問セレクト」→「スー過去」(受験まで何周もやる)

 法学部以外の文系出身者や理系学部出身であるなど、行政法を初めて学習する人で、本試験まで1年程度の猶予がある人は、先述の「まる生」を読んだあとは、「過去問セレクト」行政法を3周すること。その後「スー過去」行政法に移行してください。

 「まる生」で行政法のイメージをつかみ、良問揃いで学習しやすい「過去問セレクト」で重要論点を頭に叩き込み、「スー過去」で演習量を確保する、という戦略です。

 公務員試験勉強においては、何冊も問題集を潰すより、1冊の問題集を徹底的に潰すほうがずっと効率的だという確固たる主張を公務員試験対策室では持っており、行政法もその例に漏れる科目ではありません。しかし、スー過去行政法のハードルがやや高いという実情を踏まえて、分量も適切で初学者に対して非常に親切な作りとなっている「過去問セレクトシリーズ」というクッションを「スー過去」の前に挟むことで、スムーズに行政法の学習を進めるという戦略です。ここまでやれば、間違いなく行政法を得点源にすることができます。

A「完全に初学者」かつ「時間に余裕がない」人
 →「まる生」→「カコモン」または「クイマス」(受験まで何周もやる)

 2つ目のパターン。要するに、「スー過去」を使わないバージョンです。完全に初学者ではあるが、時間的余裕がない人は、導入本を読んだ後は「カコモン」行政法(新スートレ:『だから「カコモン」で克服!』シリーズ)か「クイマス」行政法をとことんやってください。「クイマス」よりも「カコモン」のほうが分量がやや少ないので、本試験までの残り時間と相談してどちらを使うかを決めましょう。解説の詳しさ(クドさ?)では「クイマス」のほうが上ですが、レジュメの見易さや掲載問題の質は「カコモン」がやや上か。インスピレーションを感じた方をお好みで使ってください。

B「既学者」+「時間に余裕がない」人
 →いきなり「スー過去」(受験まで何周もやる)

 そして最後のパターン。法学部出身であったり、行政法に関する知識をある程度備えている人であって、本試験まで時間的余裕がない受験生は、いきなり「スー過去」でいいでしょう。自信のある人は導入本すら必要ありません。問題集のなかで網羅性では一番の「スー過去」を、本試験まで可能な限り何回も通してください。ただ、既学者であっても、時間に余裕があるのであれば、「スー過去」の前に「過去問セレクト」を挟むことをお勧めします。よりスムースに学習を進めることができるはずです。

 なお、既学者であっても、「スー過去」が合わない(解説が解りにくい)と感じる方は必ずいると思います。そのような方は「カコモン」か「クイマス」でOKです。

 過去問集の潰し方は憲法とほぼ同じ要領です。判例集も特に必要ありませんが、判例がとても重要ですから、テキストなり過去問集なりに載っている判例は確実に覚えるよう努力してください。

 憲法以上に難化が著しい行政法ですが、それゆえにきちんと勉強した受験生とそうでない受験生でははっきりと差がつきます。結局は演習量がものをいうので、過去問集がボロボロになるまで過去問を潰して、行政法を武器にしましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク
【専門試験対策】
行政系科目 法律系科目 経済系科目
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo