商法・刑法・労働法

◆科目概要

 「オイオイ、この3科目をいっぺんに説明って・・・この法律3科目をなめてんじゃねーの?めんどくせーだけだろ??

 と、思われた受験生の方もいらっしゃるかと思いますが、概ねその通りです。

 まぁそれは半分冗談として、この3科目については、国家公務員一般職採用試験では出題されません。

 国家専門職である財務専門官と国税専門官の試験ではこの3科目のうち商法が出題されますが、わずか2問です。公務員試験の専門科目での2問は大きいのは確かですが、財務専門官にしても国税専門官にしても商法以外でバッチリ得点すれば普通に合格します。

 また、地方公務員上級では、一部の自治体を除いて商法は1問たりとも出ません。国家公務員総合職の法律職では3問選択可能なので話は別ですが、ここでは割愛させていただきます。

 以上の点からまず言えるのが、とりあえず商法は捨てろということです。地上国家一般レベルの公務員試験を受験する上で、商法は必要ありません。というか、商法勉強する人いんの?商法を勉強する暇があれば他の科目を強化してください。マジで

 次に刑法及び労働法については、全国型をはじめとする地方上級試験においてそれぞれ2問程度出ます。したがって、時間があれば対策すべきと言いたいところですが、刑法と労働法を両方勉強するのはやはり抵抗があるかと思われます。で、妥協案ということでどちらか一方を勉強する、というのであれば、労働法をオススメします。

 地方上級に出る刑法は、代表的な判例や基本的な知識しか問われませんので、他の主要法律科目に比べれば覚える量はずっと少なく、過去問集を1冊一通り学習すれば本試験で確実に1点は取れます。

 が、労働法は、刑法よりももっと用語がとっつき易く、かつ刑法よりも理解が少なくて済みます。さらに教養試験でさらっと1問程度ですが労働に関する問題が出たりします。

 つまり労働法の方が刑法よりも時間帯効果が良い、もっと簡単に言えば「お得」ということですね。過去問集等では刑法も労働法もほぼ同じ厚さですが、内容は確実に労働法の方が簡単です。「スー過去」潰そうもんならほぼ確実に本試験で労働法科目を全問正解できますので、地方公務員上級を第一志望にするのであれば、労働法は勉強すべきです。

 まとめると、地上・国家一般受験生は商法は捨て。労働法はやる。よほど時間に余裕が無い限り刑法は原則捨てで、時間に余裕があれば、薄めの過去問集をさらっと通る。といったところです。


◆お勧め参考書

 地方上級・国家一般職レベルにおいて、既に述べたように商法についてはそもそも捨てるという前提なのでお勧め参考書も何もありません。

 地上第一志望者で労働法を学習する受験生についても、勉強する上で参考書→過去問というプロセスを踏む必要はなく、いきなり過去問でOKです。

 労働法よりも理解を要する刑法については、伊藤真の刑法入門(日本評論社)などで導入した方がむしろスムーズに理解できるかもしれません。伊藤真先生の法律入門シリーズはどれも非常にわかりやすく、導入本として最適。230ページ足らずとそれほど分厚くもないですが、レジュメ付き過去問集を軽く立ち読みして「いけそう」と思うのであれば、いきなり過去問集でいきましょう。


◆学習指針

 さて、標記3科目について、学習法は至って簡単。

 まず、商法は捨てるので、学習法なんて知らずとも良し。ただ、公務員試験対策室のアドバイスを無視し、「ボクは諦めない。ボクは商法を極めるんだ!」という方は、応援しますのでがんばってください。

 「それじゃあんまりだろ?」と殺意の沸いた財務・国税専門官志望の方などでどうしても商法を学習しなければならない受験生は、「カコモン」商法がオススメです。分量もそれほどなく、質も良い問題集です。ただその場合も、2問中1問を正解するといった程度に考えて、頻出分野である会社法に焦点を置いて学習するなど、必要最小限の対策に留めます。よほど時間に余裕がある受験生以外は、商法に時間をかけるのは愚策です。

 公務員試験対策室としてプッシュする労働法については、既に述べたようにいきなり過去問演習でいきましょう。レジュメを読んでから問題を読み、「回答はこれじゃないかな?」と軽く考えた後に回答見ればそれで頭に入るレベルです。

 正文化についてはしてもしなくても構いませんが、学習スピードを考えれば正文化をお勧めします。正直、レジュメをきちんと読めば、結構いきなり正答を導けます。

 使う過去問集としては、刑法を捨てるのであればスーパー過去問ゼミぐらいはやってもいいように思います。「スー過去」労働法はそれなりにボリュームがありますが(360ページ程度)、その分1周するだけでかなりの演習量を確保できます。

 レジュメも非常に優れており、2周目以降は重複問題を飛ばして問題を読む又は解いていくなど学習の効率化を図ることも可能ですので、労働法を満点狙いなら「スー過去」はお勧めです。実際、1つのテーマで似たような問題が結構あるスー過去労働法は、2周すれば満点を狙える力が付きます。

 なお、「スー過去」よりも少しボリュームを落としたいのであれば、TAC出版のカコモン労働法(300ページ程度)を使いましょう。演習量は「スー過去」にやや劣りますが、これでも十分戦えます。

 次に、余裕が無ければ原則捨てるべきであろう刑法ですが、公務員試験刑法は基礎的な問題が中心です。対策すれば確実に点が取れますので、本試験までそれなりに期間があり、やる覚悟のある人は効率的な学習により最低限の労力で刑法を攻略しましょう。

 学習法としては、講義調参考書を一気に通読することで刑法への興味を促進し、読み終えたら間髪入れず過去問集へ突入するというのがベスト。行政法や民法と似た学習法です。

 使う参考書は上で紹介した「伊藤真の刑法入門」です。一気に通読しないとダメです。2日程度で読み終えるぐらいの意気込みは欲しいところです。

 次に、使う過去問集ですが、「カコモン」刑法を使います。それなりにボリュームがありますが、使いやすく、スー過去よりも負担が少なく済みます。

 何らかの事情でもし労働法を敢えて勉強せず刑法を選択するのであれば、刑法まる生→スー過去で学習すれば地方公務員上級試験レベルでの刑法については完璧に近いでしょう。

 地方上級志望者は避けたくても避けにくいこれら法律科目。2問正解で御の字なので、労力をセーブしつつポイントを押さえた学習をしましょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク
【専門試験対策】
行政系科目 法律系科目 経済系科目
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo