過去問500

○公務員試験 過去問500シリーズ(実務教育出版)
<対応科目>


○公務員試験 合格の500シリーズ 過去問500(実務教育出版)

 数年分の過去問に毎年最新の過去問を加えて出版される公務員試験種別過去問集で、教養科目と専門科目に分かれており(教養と専門が1冊に収録されている試験種もあり)、それぞれ全教科の年度別復元問題が1冊に約500問詰め込まれています。分厚くて重く、やたらと値段が高いのが特徴。

 問題と解答解説が原則としてセットで1ページに収録されているため(問題がページ上部、解答解説がページ下部にある)、見やすく使い勝手がいいというのが本書の売りのひとつのようですが、受験生の中には「問題を解く前に解答が見えてしまうことがあるので、ページをめくる時に気を遣う」などという意見もあり、編集者の意図がやや裏目に出てしまっている悲しい側面も持っています。些細な問題ですが。

 本書は、教養と専門のそれぞれ1冊に全教科が収録されているため、志望公務員試験種の出題内容を手っ取り早く把握することが可能。しかし、その分1科目あたりの収録問題数は他の過去問集より少なく、かつ解答解説が極めてあっさりした造りとなっているため、既に紹介済みの上記過去問集のどれよりも初学者には不向きな過去問集だと言えます。

 よって本書は、試験直前期の学習仕上げ段階等において、「知識の維持」「問題を解く勘を養う」ために、全科目を通して集中的に演習する際に使うのがベスト。

 時間がなければ無理をして使う必要はありませんが、本番レベルの問題で科目別にどの程度得点できるのかを概ね把握できるので、できれば志望職種の分は試験直前に一通り目を通しておきたいところです。

 また、地頭が良い人で、受験日までもう全然時間がない人などが、ギャンブル的に本書だけで本試験に挑戦し、合格してしまうという話もたまに聞きます。ただ、市役所以下のレベルの公務員試験では通用しても、国家一般・地方上級以上のレベルではまず歯が立たないかと思われますので、やはり解説が詳しく網羅的な過去問集をコツコツとこなすというのが合格への最短距離だと思います。

【まとめ】
 志望職種の本試験の出題スタイルを把握するのには最適な過去問集。本試験直前期等にザッと通るのが理想的な使い方である。「本番まで残り1ヶ月しかない」などのほぼ合格は絶望な受験生は、コレに賭けるという手もある。ただ、軸となる過去問集をつぶすので精一杯の人達は、本書を買う必要はない。

スポンサーリンク スポンサーリンク

過去問集精選

ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo