人物試験対策用お勧め参考書

○「公務員試験 現職人事が書いた」シリーズ(実務教育出版)
<シリーズ一覧>


○「公務員試験 現職人事が書いた」シリーズ(実務教育出版)

 公務員試験の人物試験対策に使える当室お勧め参考書を紹介いたしましょう。独学の方に限らず、予備校に通われている方にもお勧めできる本です。

 人物試験対策本として最もお勧めできるのは、「公務員試験 現職人事が書いた」シリーズ(実務教育出版/大賀 英徳(著))です。もはや公務員試験受験生にとっては定番の面接等対策本なので、ご存知の方も多いかと思います。

 本書は実際に国家公務員の採用・任用に携わってきた現職人事によるシリーズもの人物試験対策本で、4種類あり、毎年改訂されています。

 公務員受験予備校から言わせてみれば、「ズルイ!」という本です。予備校が長年の努力により培ってきた面接受験のノウハウと同レベル(あるいはそれ以上)の情報が、人物試験を実際に行う立場にある現職人事によって、より信憑性のある情報として語られています。

 まず、同シリーズの『現職人事が書いた「面接試験・官庁訪問」の本』では、面接試験や官庁訪問、集団討論といった公務員試験で実施される人物試験全般について、概要から対策法、想定問答集まで詳細に紹介されています。

 また、『現職人事が書いた「事故PR・志望動機・提出書類」の本』では、受験生の第一印象に関わる重要書類である受験申込書や面接カードの書き方について、実例を挙げて詳し過ぎるぐらい説明されています。

 そして3つめ、『現職人事が書いた「公務員になりたい人へ」の本』ですが、公務員という職業について当たり障りの無い紹介に終始している本が多い中、本書は「公務員の実態」について真実を語っています。「公務員は楽で待遇面が最高」などとステレオタイプな認識を持っている受験生(さすがに最近はこういう人は減ってきていると思いますが)は必読です。

 最後に、『現職人事が答える 公務員試験で受験生が気になること』という本。比較的最近発行された、同シリーズ本のひとつですが、「公務員受験生のあらゆる疑問・質問に現職の中央省庁人事担当者が本音で答える」というQ&A集ですね。「読んで損はない」というレベルの本なので、万全を帰したい人におすすめです。

 本シリーズは、ある程度の建前は守りつつも現職人事の立場から真実が語られているので、人物試験について情報不足に陥りやすい独学受験者にとっては非常に有用です。シリーズ4冊で内容に重複が多いのが玉にキズですが、本書に書かれているノウハウに従って真剣に対策すれば、人物試験で他の受験生に遅れをとることはないでしょう。

スポンサーリンク スポンサーリンク
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo