公務員試験対策室トップ > 2次試験対策は独学で可能か

2次試験対策は独学で可能か

 大学新卒者は、アルバイトなどの採用面接は経験があるかもしれませんが、就職に係る採用面接や集団討論のような本格的な人物試験は公務員試験が初めての経験になるかと思います。そこが、高校受験や大学受験時に経験できる「入学試験」と異なる点ですね。初体験は未知なる世界ですから、どうしていいかわからなくて不安ですよね。

 だから、筆記対策は独学で大丈夫だったけど、面接対策は独学で大丈夫だろうか。やっぱり人物試験対策は予備校に頼った方がいいんだろうか、と悩む受験生が多いかと思います。

 で、「人物試験対策は独学で可能か」という問いに対しての公務員試験対策室の回答としましては、「可能」です。むしろ、勉強する範囲が広過ぎる筆記対策よりも、ピンポイントで対策できる人物試験の方が独学のハードルが低いぐらいです。

 予備校では、予備校生等から収集された、全国自治体・各省庁の生(なま)の受験体験情報が蓄積されているし、分析と研究により培われた豊富な知識とノウハウを持った講師が、懇切丁寧に対策法を教えてくれます。

 しかし、筆記試験と同じで、人物試験についても今は優れた対策本が市販されているので、予備校で教えてくれるような面接受験等のノウハウはその対策本を読むことで概ねゲットできちゃいます。

 となると、2次対策について予備校を利用することのメリットで考えられるものの一つとしては、「模擬面接」や「模擬集団討論」を受けることで本番のシミュレーションができるという点でしょうか。

 人物試験は「慣れ」がものすごく重要です。「いかに経験したか」が筆記試験以上に本番の出来を左右します。模擬形式であったとしても、本番前に1回でも経験しているのとしていないのとでは大きな差があります。なので、模擬面接等を受けることの意義は大きく、そのためだけに予備校を利用しようと考える受験生も少なくありません。

 しかし、OOPS!なことに、LECやTACなど単科で面接対策講座を受講できる予備校はありますが、単科の面接対策講座ではどの予備校でも模擬形式の講座を受けることはできないようです。

 模擬形式の面接対策講座を受講できるのは、複数の講座がパッケージ化されたコースで受講申込みをした本科生のみということです。いやぁ、商人(あきんど)ですな。

 以上から、予備校の本科生になるつもりのない独学中心の受験生は、人物試験対策を予備校に頼ることのメリットがあまり見出せないように思います。

 模擬面接のためだけに大枚はたいて本科生になるのも無駄が多いと思いますし、本番のシミュレーションをする方法は他にもありますので、よほど自力の面接対策に自信が無い人や金銭的に余裕がある人以外は、基本的には独力で人物試験対策を講ずることをお勧めいたします。

 ただ、単科でも面接カードの添削等をやってくれる予備校はあるみたいなので、利用価値が全くない訳ではありません。面接試験においては面接カードの出来は非常に重要なので、「穴を無くすためには金は惜しまねー。」という、自己投資の意味を良く理解されている受験生は、単科であっても予備校の講座を利用することで、アドバンテージを獲得できるかもしれません。

<補足>

 念のため、予備校に直接連絡して、本科生でなくても模擬形式の面接試験を受けさせてもらえるのかどうか、確認してみるのもいいかと思います。もしかしたら融通を利かせてくれるかもしれません。

スポンサーリンク スポンサーリンク

2次試験対策は独学で可能か

    
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo