公務員試験 過去問新クイックマスター

○公務員試験 過去問新クイックマスター(LEC出版)
<対応科目>


○公務員試験 過去問新クイックマスター(LEC出版)

 公務員試験大手予備校LECによる過去問集で、スー過去に並ぶ知名度を誇る公務員試験定番問題集です。2色刷りで、必修過去問→要点整理→実践過去問という学習形式。

 LECの講座で長年使われてきた歴史ある過去問集で、以前は「ウォーク問本試験問題集」という名前だった本書。もともと予備校生用に作られた本シリーズは、「ウォーク問」時代は要点整理部分がなく、国家総合職(旧国家T種)レベルの問題が掲載されていないなど、「予備校の講義による知識の追加があってはじめて本当の効果を発揮する過去問集」という、独学で進める受験生にとっては使いにくいシリーズでした。

 しかし、LECもバカではありません。公務員試験対策本市場と受験生の声に耳を傾け、平成19年に全面改訂。名称を「地方上級・国家U種 ウォーク問本試験問題集」から「公務員試験ウォーク問過去問Quick Master」に変え、要点整理の部分の追加及び国家T種の過去問も収録するなど、より多くの公務員試験受験生が学習しやすいように、内容が大きく見直されました。

 明らかに実務教育出版の「新スーパー過去問ゼミシリーズ」を意識した改訂ですが、その後も進化し続け、「ウォーク問」の名前が書籍名から消え、現在は「過去問新クイックマスター」(以下「クイマス」)という名称で多くの受験生に親しまれています。

 収録されている過去問は良問が厳選されており、国家総合職や地方上級の過去問も多く掲載されているため網羅性も高く、かつ非常に詳しい解説はクイマスの最大の特徴です。

 「スー過去」と異なる点は、実践過去問演習の部分。「スー過去」は問題が連続して掲載され、その後ろに解答解説というつくりですが、「クイマス」は見開き2ページで左に問題、右に解答解説が記載されている構成。「解く」上では答えが見えてしまってやや使いづらいですが、「覚える」上では復習しやすい点で非常に効率的。勉強開始時の過去問集を使っての学習は、原則として「解く」よりも「覚える」ことを目的としてるため、この構成は初学者にとって非常に学習しやすく評価できるところです。

 「スー過去」と「クイマス」、どちらを使うか迷うところですが、それぞれ科目によって善し悪しがあるので、うまく使い分けましょう。

 司法試験予備校であるLEC出版というだけあって、「クイマス」は法律系科目の解説が特に秀逸なため、法律系科目全般がおすすめ。ただ、憲法や民法は「スー過去」の出来が半端なくイイので、使うのであれば「行政法」が一押しです。行政法についてはTAC出版の「だから「カコモン」で克服!」も出来がいいのでここでも迷うところですが、そこはもうお好みで。使いやすさなら「カコモン」、網羅性なら「クイマス」といったところ。

 また、経済系科目は「スー過去」が抜群に良いので、すんませんが「クイマス」の出る幕はありません。

 一方、教養科目の一般知識分野である人文科学及び自然科学については、「クイマス」がおすすめ。それぞれを1冊に詰め込んでいる「スー過去」に比べ、2冊に分けている「クイマス」の方が明らかに網羅性が高いためです。

 あと、社会学等の行政系科目についても、一部では「スー過去」より解りやすい等の意見があるため、この辺は自分に合う合わないかで判断してゆく必要があります。

 全科目を通じて、受験生の特に独学組は「スー過去」を使っている人の方が明らかに多いので、「クイマス」を使うことに抵抗がある受験生もいると思いますが、どちらを使ってもしっかりと繰り返し学習すれば筆記試験は合格できます。

【まとめ】
<おすすめ>法律科目全般だが、特に行政法。人文科学、自然科学。行政系も悪くない。

スポンサーリンク スポンサーリンク

過去問集精選

ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo