独学の長所・短所

 次に独学の長所及び短所を見ていきます。下表を見てください。

【独学の長所・短所】
長所 短所
  • お金があまりかからない
  • 自分好みのテキスト選びが可能
  • 自分の思い通りに時間を使える
  • 要領さえ掴めば予備校より勉強進度を早めることが可能
  • 試験に係る情報等は全て自力で集めなければならない
  • 初学者は何から始めていいか判らず、試験勉強開始時につまづきやすい
  • 計画性、集中力の無い人は続かない


 大体独学の代表的な長所・短所はこんなところでしょう。

 まず長所ですが、やはりコストパフォーマンスが独学の一番の売りでしょう。かなりの参考書や問題集(以下、テキストと呼ぶ)を購入しても、かかる費用としては4万から5万ぐらいで済みます。公務員専門学校等の模試を受けまくったとしても全部で余裕で10万以内には収まるでしょう。予備校の4分の1から5分の1で済む訳ですね。

 また、カリキュラムに縛られることがありませんから、テキストも自分の思い通りに揃えることができるし、勉強時間も自分の好きなように設定できます。要領がいい人にとっては予備校に通うよりも効果的な学習が可能となるでしょう。実際、公務員受験日までにあまり時間的余裕が無い場合には、予備校に通ってカリキュラムに沿って他人と同じ進度で勉強を進めるよりも、勉強要領を短時間で掴む努力をして集中的に学習を行えば、独学の方が予備校に通うよりも早く合格レベルに達することができる場合もあります。事実、ファーバー主事を始め、独学で短期集中型で合格を勝ち取った人が何人もいます。

 では短所を見てみましょう。独学は何よりテキスト選びから試験内容、勉強方法など、公務員試験に係る様々な情報を、全て自分で集める必要があります。もちろん、試験に合格したいならあらゆる努力を惜しんではいけないのですが、少しでも積極性に欠ける人は、予備校で情報を入手している予備校生に比べ、やはり情報量で大きく差をつけられることになります。そうすると当然勉強のスタート時につまずく可能性も大きくなり、また学習の要領を掴むまでに多くの時間を費やすことになります。

 逆に言えば、とにかく熱意を持ってあらゆる手段を用いて積極的に情報収集を行えば、予備校生と同等あるいはそれ以上の情報を収集することも可能なので、この点は独学であっても努力次第でカバーすることができます。

 あと、これは独学にだけ言えることでもないのですが、計画性及び集中力の無い人にとっては、独学での公務員試験合格はまずムリです。よっぽど追い詰められでもしない限り、続きません。予備校はまだカリキュラムがあり、受け身であるので、集中力が切れてきてもある程度の水準で学習を続けることができるでしょうが、独学の場合は完全に自分の裁量で勉強を進める訳ですから、勉強の進み具合についても全てその人個人の意思に左右されるからです。

スポンサーリンク スポンサーリンク

>>「まとめ」へ

ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo