まとめ

 既に最初に結論を述べているわけですが、ここまで読んでくれた方もいることでしょうし、せっかくなので軽くまとめておきましょう。

 以前に比べ、本やWEBで公務員試験に係る充実した情報が得られるようになった現在では、独学で勉強し易くなったというのは事実です。しかし、やはり依然として、公務員試験合格者の多くが元予備校生であるというのも事実です。

 さらに模試等を含め、予備校を全く利用せずに合格する人なんてほとんどいないことも事実です。上でも述べていますが、そんな人は東京大学等極めて公務員受験勉強の環境が整った空間で学習した人か、生まれつきの天才か、超ラッキー野朗か宇宙人ぐらいです。

 そもそも独学で勉強を始めることに自信を持っている受験者層なんてものはごく少数で、はっきり言って初学者にとっては独学というのは非常にハードルが高いということです。お金を出すことに抵抗が無く、時間的余裕があるなら予備校に通うのが無難です。独学を奨励する本やサイトでは、「専門学校や通信教育なんて必要ない!」などと言い切っているケースもありますが、私から言わせれば予備校行ってもダメな人は独学なんてもっとムリです。

 これじゃただの予備校のまわしモンだと思われそうなので念のため言っておきますが、公務員試験対策室は、独学を奨励しています。というか、そういう「独学で合格したい!」という人のためのサイトなんですから。

 確かに独学で合格するのはなかなかハードルが高いです。しかし、絶対に合格したい!公務員になりたい!という強い意志を持っている人なら、当サイトを始め多くの情報源から有用な情報を仕入れることで、専門学校等で高いお金を払わずとも、独学で絶対合格できます

 そういう強い意志を持つ人は、予備校に通う必要なんてないです。というか、お金と時間が無駄だから、むしろ予備校に通うなと強気にアドバイスさせていただきます。取り敢えず公務員試験対策室で情報を集めろ。サイト閲覧はタダなんだから。と言わせていただきます。

 何度も言いますが、ホントにそうなんです。結局公務員になりたいという強い気持ちが、公務員試験合格への一番の近道なのですよ。綺麗ごと言ってんじゃねェこのペテン師が!などと舌打ちされる方もいるでしょうが、マジでそうなんだって。信じてくれ。な!

 ということで、「予備校か独学か」についての議論は以上で終わりです。あとは勉強に取り掛かるだけですね。予備校に通われる方も、独学で行くと決められた方も、公務員試験合格という目標に向かってとにかく必死に頑張りましょう!

スポンサーリンク スポンサーリンク
ホームサイト概要会議室意見交換室得点計算室リンクについてリンクページ問い合わせサイトマップ
Copyright (C) 公務員試験対策室 , All rights reserved.
omo